×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

豊胸手術

豊胸手術バックの挿入位置について

豊胸手術イメージ

豊胸手術はどこら辺に挿入するのか、位置により仕上がりにも影響します。 挿入位置は通常は、乳腺の下・大胸筋下・筋膜下が一般的です。 ●乳腺下に行う豊胸手術は、もともとある程度の大きさのバストで授乳・年齢を重ねることにより乳が垂れ下がり・ 縮小に至ったものはこの方法でリフトアップ効果もあります。●大胸筋下に行う豊胸手術は、乳腺や脂肪組織が少なくやせ ている方に適しています。不自然になりがちなバストのバッグ感をこの豊胸手術方法はカバーしてくれます。 大胸筋下法とは施術のスタッフの腕により、仕上がりが良くも悪くもなるということで、 筋肉と筋肉の間にバックを挿入するため、境目を正確に確実に見極める事が重要となってきます。 術後経過や最終的な仕上がりに大きな差が出てくるので施術担当医の技術までもが不安要素になる人も多いのが事実です。 ●筋膜下に行う豊胸手術は、、先述した2つの方法を改良した最善の方法といわれており、 術後の腫れ、痛みが少なく、回復も早い特徴があります。カプセル拘縮の可能性も極めて低く、豊胸バッグが極端に下方 や腹部へ下がることを防げることができます。 いづれも、見た目にも触った感触も自然なバストになるよう、詳しく診断してもらいます。 どの位置に挿入を検討することが必要です。

豊胸手術[脂肪注入&吸引法]

豊胸手術イメージ

豊胸と同時にスリムが手に入ります。とのキャッチコピーも最近多く見かける脂肪注入・脂肪吸引法は、 一度に2つ改善できる一石二鳥の豊胸手術です。脂肪吸引を行える場所は、あご・二の腕・お腹・お尻・太もも・背中・腰・ひざ・ふくらはぎなどですが、 足やお腹周りから脂肪を取るのが豊胸に使う脂肪では一般的です。 吸引した脂肪を胸に入れる方法が脂肪吸引&注入手術ということになり、この手術は人工的なバックを挿入するのと 比較すると、バストのサイズアップがそこまであまり期待できるものではありません。 AからBへといった感じで、1カップくらいのサイズアップと考えていいと思います。 ただ、豊胸手術自体はバッグを入れるのとは違い、手術時間を早く終わらせる事が可能です。 脂肪吸引&注入手術の場合、その日のうちに、2〜3時間程度手術をしただけで、帰宅でき、入院などの必要など全くありません。 この手術のポイントはカウンセリングの時に、脂肪をどれくらい吸引したいのかを担当医に相談し、 胸に入れる分だけの脂肪を抜くのではなく、脂肪を取る分には自分のとりたい分だけ相談してみるのもいいでしょう。 吸引された脂肪のうち、状態の良い脂肪だけを注入するようになります。